脱毛から髪を守るには毛根を守ること

毛根

男性にとっても女性にとっていも髪は大切なものです。薄毛や脱毛の原因はストレス、油っぽい食事、運動不足、寝不足、喫煙、飲酒などが挙げられます。不規則な生活や欧米化した食事を続けていると男性ホルモンが活性化してしまい、薄毛や脱毛の進行が早まります。皮膚疾患、糖尿病、瘢痕性脱毛症、肝臓の機能障害、甲状腺機能障害、自己免疫病などの病気によって脱毛症状が起こる場合もあるので専門の医院で一度診察してもらうようにすることが大切です。

脱毛を抑制するには規則正しい生活や栄養バランスの摂れた食事をすることが大事です。PM23時からAM2時までの間は髪や肌にとってのゴールデンタイムが存在します。このゴールデンタイム時には髪や肌の傷みを修復をしたり、生まれ変わりを行いますので極力この時間帯には睡眠をとるようにすることが大切です。

日中の場合にも紫外線対策をして帽子や日傘を使用するなどして頭皮や毛根にダメージを与えないように心がけることも忘れないでください。

脱毛した髪の再生はゴールデンタイムに注目

再生

髪の脱毛により薄毛が進行してしまうと、薄毛を気にし過ぎて外出時には周囲に自分の頭を見られているように感じとってしまい悩んでストレスを多く抱え込んでしまう人は少なくありません。

ストレスを抱えていると睡眠不足になる傾向が高いので注意が必要です。ストレスや睡眠不足は脱毛の原因でもあります。外出時には帽子などで隠す方法もありますが、思いのほか人は他人の頭に興味を抱いている人はいないものですので、不自然に隠そうとせずに堂々としていれば誰も気にすることはないです。

脱毛した髪を再生させるためには、PM11時からAM2時までのゴールデンタイムでしっかり眠ることにあります。ゴールデンタイム時には髪の修復や再生をする貴重な時間ですので夜更かしは控えるようにしましょう。

もちろん頭皮を清潔に保つことや規則正しい生活、髪に必要なタンパク質や亜鉛、ビタミン群、カプサイシン、イソフラボンなどを摂取すること、禁煙、禁酒、運動をすることを忘れてはいけません。