脱毛で髪が減っていく場合の治療法

治療

脱毛症で髪が減っていく場合、日常生活において原因がないか考えてみる必要があります。遺伝的な部分は改善のしようがありませんが、生活に原因がある場合は改善が可能なはずです。原因がわからない場合は発毛クリニックで検査を受ければ特定できます。エステサロンでも原因を把握することはできますが、クリニックは血液検査を受けられるのでより細かい原因までわかるのです。

原因がわかれば適切な治療を受けられますし、セルフケアの正しい方法も見えてくるでしょう。脱毛の解消法として最初に行うべきことは、抜け毛を減らしていくことです。抜け毛が多い以上、発毛させることはできませんから、まずは正常な本数まで抑えていきましょう。

脱毛は一般的に30代半ばくらいから進行が加速しますが、早ければ20歳くらいから減り始めてきます。まだ若いから大丈夫と決めつけることなく対策は早目に行っていきましょう。髪が薄いと感じたらクリニックで治療を受けるのが理想です。