後頭部の脱毛症は少なく毛髪再生で使用

後頭部

男性型脱毛症は成人男性に多い薄毛です。男性型脱毛症は頭頂部が丸い形に薄くなるO字型と額の生え際が後退するM字型の2種類があるのが特徴で、O字型およびM字型の一方の症状が起きる人と両方の症状を持つ人がいます。薄毛の進行が進むと、頭頂部と額の薄くなった部分が広がり、後頭部だけが残るケースが多くあります。

男性型脱毛症の脱げ毛の原因は、DHTと呼ぶ強制的に毛髪の脱毛を促進させてしまう悪玉男性ホルモンが原因であり、頭頂部や前頭部には多くの悪玉男性ホルモンが存在していると言われています。これに対して、後頭部への影響が起こりにくいのが特徴です。

最近の治療法の一つに毛髪再生療法がありますが、これは後頭部の細胞組織を頭頂部や生え際などに移植する治療法で、自分の細胞を移植するので副作用が起こりにくいなどのメリット、再発が起こりにくいなどの特徴を持つ治療法にも注目が集まっています。

ちなみに、男性型脱毛症の治療は早目に行う事が症状を悪化させない秘訣になります。